唯一の友達

おはようございます。私は、朝が大好きです。清々しい気持ちになります。イジメられて不登校の時は、朝が一番嫌いでした。いつも、お腹が痛くなり、トイレから、一歩踏み出す事が、出来ませんでした。そんな時、唯一の楽しみが、豆柴と触れ合う事でした。私が、今日あった出来事を話して、毎日、豆柴は、聞いてくれました。今、思えば、唯一の友達だったと思います。今、学校に行くのが、キツイ子達へ。友達を無理につくる必要は、ないよ。身近にいる、動物さん達と、お友達になろう。そして、いーぱい、話しを聞いて貰おう。それだけで、心は、楽になるよ。&無理は、しない。ぜぇーたい、しない。お勉強しないと、高校に行けないとか考えない。何歳からでも、勉強は、出来るから。私が、そうだったから。楽しい事をしよう。そして、心に余裕が出来たら、お父さんと、お母さんと、朝から、お散歩しよう^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。