NLPとは?

NLPを一言で説明すると、言語学と心理学を効果的に組み合わせた実践手法の事で、ビジネス・能力開発・コミュニケーションなど、人間の生活全般の質の向上に役立てる為に発展してきました。

1970年代当時、米国カリフォルニア大学で数学とコンピューターサイエンスを専攻していた学生のリチャード・バンドラーと同大学で言語学を教えていたジョン・グリンダーによって開発されました。

その開発は、当時活躍していた天才セラピスト(心理療法家)達の行動パターンを徹底的な研究によって進められました。その研究の土台となったのが「モデリング」と呼ばれる方法です。「モデリング」では、最初に模範となる人物を特定して、その行動をつぶさに観察します。

その上で、考えられるあらゆる面を徹底的に模倣して必要なプロセスと不要なプロセスに分け、必要なプロセスだけを抽出して実践するというものです。能力開発の書籍などには、よく「成功したければ成功者が行っている通りの事を実践しろ」と書かれていますが、その極めて効果的な実践方法といえるでしょう。

これは画期的な手法で、瞬く間に全米各地に広がりました。当初は、セラピストの間で話題となりました。しかし、次第にあらゆる分野で有効であることが分かり、ビジネス・教育・医療・スポーツ・芸術など様々な分野で応用されるようになりました。

引用:マンガでやさしくわかるNLP

著者:山崎啓支

発行者:長谷川 隆

出版社: 日本能率協会マネジメントセンター